データマッチング型と仲介型の違いは何ですか?

データマッチング型と仲介型の違いは何ですか?
結婚相談所を比較している出てくる言葉、それが「データマッチング型」と「仲介型」。

既にご存じの方も多いと思いますが、確認の意味でその違いを明らかにしたいと思います。
大手結婚相談所を例に、違いを見て行きましょう。

データマッチング型の結婚相談所

データマッチングとは、その名の通り、男女のデータスペックをマッチングさせ、成婚へと導く仕組みです。

具体的な結婚相談所名は以下のとおりです。
・楽天オーネット
・ツヴァイ
・ノッツェ

特徴としては、3つです

・会員数が多い
・利用者が自分で検索して、アプローチする
・料金が比較的安価

利用者の視点では

・データハンサムな利用者に有利
・若い会員に有利

仲介型の結婚相談所

仲介型とは、仲介人(アドバイザーやコンシェルジュ)が専任で付き、お見合いの紹介を手動マッチングして、二人三脚で成婚までサポートしてくれる。

・パートナーエージェント
・サンマリエ

データマッチング型の結婚相談所でも一部、有料のオプションで仲介型に近い仕組みがありますが、中途半端だなという感は否めません。
やはり、データマッチングはデータマッチング型ですね。

・会員数が多くはない
・利用者とアドバイザーのコミュニケーション量が多い
・料金が高額で割引制度がない

利用者の視点では。
・年齢が高い利用者でも成婚率が高い
・容姿に自信がなくもてお見合いができる

まとめ

結婚相談所の乗り換えという観点でみると、
データマッチング型で出会えない人は、仲介型へ乗り換えるとよいでしょう。

また、仲介型での出会いに不安がある方は、データマッチング型へ乗り換えるとよいと思います。

同じタイプの結婚相談所へ乗り換えをしても、あまり意味が無いと思われます。
例えば、楽天オーネットから、ツヴァイへの乗り換えなど。

同じデータマッチング型に乗り換えても、結果は見えています。

婚活は、どちらにしても年齢が大事であり、失った月日は元に戻りません。
今この瞬間が一番若い年齢なので、1日1日を大切にするという意味では、出来る範囲で複数の結婚相談所に入会するという選択肢もありです。

実際そうしている人は、年齢が上がるほど多いですし、私自身も2社に同時入会していました。

もちろん、婚活パーティーも婚活サイトも、
フルになんでも使って、早く結婚することが望ましいと思います。
できる事は、貪欲になんでもやりましょう!